「アマビエ」で終息祈願 自作の絵はがきを配布 登野城の永山さん

自作の「アマビエ」原画を手にコロナ感染終息を願う永山さん=16日午後、登野城

 江戸時代、疫病から人々を守るとされた妖怪「アマビエ」―。中国武漢を発生源とする新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する中、SNS上ではコロナ終息を願って自作の「アマビエ画」の投稿が相次ぎ、厚生労働省が若者向けの啓発キャラクターに起用するなど、話題となっている。ここ八重山でも、石垣市登野城在住の永山律雄さん(46)=猟師=が、独自の画風でアマビエの絵はがきを作製し、知人や飲食店などに配布することでコロナ終息への願いを行動に移している。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  秋の大型連休「シルバーウイーク」(SW)4連休の初日となる19日、新石垣空港(南ぬ島石垣空港)の国…
  2.  シルバーウイーク4連休初日となる19日、ユーグレナ石垣港離島ターミナルでは多くの観光客らが訪れ、新…
  3.  国立天文台の研究を知ってもらおうと、国立天文台水沢VLBI観測所は19日、高校生で組織する「美ら星…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  北谷町(野国昌春町長)は19日午後、町役場で、アラハビーチの水難事故現場で香港籍の少年を救助した嘉…
ページ上部へ戻る