黒板アートで新入生歓迎へ 八商工「宝物見つけて」

新入生を歓迎する黒板アートと制作者の伊良波教諭=11日午後、八重山商工

 新型コロナウイルスの感染拡大で入学式が21日にずれ込んだ八重山商工高校で、新入生たちを歓迎しようと、国語科教諭の伊良波佐也加教諭(42)がアニメのキャラクターを描いた黒板アートを製作した。「離島や小規模校からの進学で不安な子もいると思うが、高校では新しい出会いがある。自分の将来につながる宝物を見つけてほしい」とメッセージを送った。
 4月の休校期間中に、自身が担任を務める予定の1年4組の教室で、5色のチョークを使って描いた。製作期間は3日間ほど。「入学おめでとう」「宝物が見つかる」というメッセージを添えた。
 新学期は「3密」を避けるため、生徒を分散させる工夫を検討するという。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の中山義隆市長は17日の市議会一般質問で、尖閣諸島に灯台や無線中継施設などを整備することに関…
  2.  石垣市の中山義隆市長は17日の市議会一般質問で、2009年に自治基本条例が制定された経緯に関し「議…
  3.  竹富町は小浜島の町指定天然記念物「コーキ原のガジュマル群落」に遊歩道を整備する。来島者が立ち入りし…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  与那国町、町商工会、琉球銀行、NTTドコモの四者は19日、県庁で記者会見し、町のキャッシュレス化を…
ページ上部へ戻る