コロナで生活に困ったら⑥ 住居確保給付金

 経済的な困窮が原因で家賃が払えない人に賃貸住宅の家賃額を供給する「住居確保給付金」。新型コロナウイルスの影響によって対象者が拡大された。
 対象は離職・廃業から2年以内、または休業などにより収入が減少し、離職などと同じ状況にある人。
 給付の条件は求職活動をすること、または自立相談支援機関の面接などの支援を受けること。
 これまで同給付金を受ける条件にハローワークで月2回以上の職業相談などがあったが、4月30日から新型コロナウイルス感染症に伴う経済情勢の変化により、しばらくの間、この条件を不要とするなど条件が緩和された。
 石垣市の相談窓口は市福祉部福祉総務課℡0980・87・6025。竹富町・与那国町は県就職・生活支援パーソナルセンター℡098・851・7105(相談時間は午前9時から正午、午後1時から午後4時)。
 竹富町・与那国町を管轄する県就職・生活支援パーソナルセンターではライン相談も実施中。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では21日、…
  2. 沖縄ツーリズム産業団体協議会の下地芳郎会長らは21日、県庁を訪れ、新型コロナウイルスの感染拡大で落ち…
  3.  石垣市の陸上自衛隊配備を巡る住民投票訴訟控訴審で、福岡高裁那覇支部は20日、判決を3月23日に言い…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  内閣府は11日、2019年度の沖縄子どもの貧困緊急対策事業として12億8960万円を交付すると発表…
ページ上部へ戻る