次亜塩素酸を無料配布 飲食店の新たな試み 焼肉バカ一代

次亜塩素酸水を無料配布すると発表した「焼肉バカ一代」の西田文俊副店長=15日、同店

 石垣市石垣の株式会社U―Go―enterpriseが運営する飲食店「焼肉バカ一代 石垣島店」(井手香奈絵店長)は14日、同店で新型コロナウィルス感染拡大防止に効果が期待される次亜塩素酸水の生成器を導入した。感染防止に役立てようと、空の容器を持参した人に次亜塩素酸水500㍉㍑を無料で配布すると発表した。西田文俊副店長は「石垣島のために、こういう状況をみんなで協力し合い、一日も早い終息につなげたい」と期待した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日…
  2.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県独自の緊急事態宣言が出るなど、沖縄の状況も日々悪化している。…
  3.  会うたびに「おれのこと好きか」「あたしのこと愛しているの」と気持ちを確かめ合うカップル。ほほえまし…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  「考えましょう 私たちの安全を 拉致問題を考える石垣の集い」(主催・特定失踪者問題調査会)が30日…
ページ上部へ戻る