農水産物を直行で東京へ 貨物チャーター便運航 八重山3市町

貨物チャーター便の運航を発表する中山市長=21日、市役所

 石垣市と竹富、与那国町は27日、地元産農水産物を東京に直行で運ぶ貨物チャーター便を運航する。
 全日空の旅客機を用い、「南風ぬ便り(パイカジ・ヌ・イヤリ)」号と名付けた。新石垣空港を出発し、当日に羽田空港に到着する。積み荷は本マグロやパイナップルなど30㌧を想定している。
 運航費は荷主の支払う運賃を除き、3市町で助成する。6、7月の運航も検討している。
 中山義隆市長が21日に市役所で記者会見し、「新型コロナウイルス感染拡大に伴う航空貨物の停滞で農水産物の出荷が遅れていたのを解消し、1次産業のV字回復を目指したい」と話した。
 全日空石垣八重山支店の宮脇秀至支店長が会見に同席し、「八重山の旬の農水産物をしっかりと本土に届けたい」と述べた。
 日本トランスオーシャン航空も今月、那覇行きの貨物臨時便を22便の予定で飛ばしている。
 全日空チャーター便には事業所のほか、個人も荷物を積み込める。
 問い合わせは市農政経済課℡0980・82・1307へ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言を14日付で解除。21日から全ての業種で休業要請を解…
  2.  新型コロナウイルス感染拡大で石垣市の4月の事業所向けの営業用使用量が前年同月より40%近く減ったこ…
  3.  29日告示、6月7日投開票の県議選で、立候補を表明している無所属現職、次呂久成崇氏(46)=共産、…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  駐日インド大使館のサンジェイ・クマール・ヴァルマ大使は5日夕、県庁に玉城デニー知事を表敬訪問した。…
ページ上部へ戻る