国際通り、観光客まばら 一部の飲食・理髪店は盛況 休業要請解除後、初の日曜日

自粛解除後も、国際通りを行き交う人は少ない=24日午後、国際通り

 県は新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言を14日付で解除。21日から全ての業種で休業要請を解除されて初の日曜日となった24日、久しぶりに晴れわたり、行楽日和になったにもかかわらず、那覇市の国際通りを行き交う観光客の姿はほとんどなかったが、市内の飲食店や理髪店などの一部店舗では活気を取り戻しつつあった。
 国際通りでは、観光客向けの雑貨店や飲食店の多くはシャッターを閉めたまま。土産物店の40代男性店主は「観光客がほとんどいない。(経営は)厳しい」と嘆く。さらに「(国や県に)補償を求めたい」とさらなる経済対策に期待を込めた。
 ただ、全国チェーンのファストフード店やコーヒー店には地元客が入り、宅配サービスを担う店員は、バイクで注文を受けた家庭に繰り返し商品を届けた。
 市内の一部理髪店では予約がいっぱいで、連日接客をする予定という。理髪店の20代の店員は「来週半ばまで満員です」と忙しそうだった。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は8日、石垣市在住の50代女性1人と中部保健所管内の40代男性1人が新たに新型コロナウィルスに感…
  2.  石垣市で5人目の新型コロナウイルス感染者が確認されたことを受け、中山義隆市長は8日夜、市役所で記者…
  3.  石垣市観光交流協会の会長人事には意表を突かれた。「きっと地元観光業の会社社長の誰かが引き継ぐのだろ…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  戦中戦後の激動期、常に渦中の人だった昭和天皇の苦悩がうかがえる貴重な内容だ。初代宮内庁長官を務めた…
ページ上部へ戻る