石垣牛CFで出荷促進 滞留解消へ初の取り組み JAおきなわ

JA石垣牛への支援を呼び掛ける石垣本部長(中央左)ら=29日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ梯梧の間

 JAおきなわ(普天間朝重代表理事理事長)が29日、島内外からJA石垣牛への支援を募る購買型のクラウドファンディング(CF)プロジェクトを立ち上げた。新型コロナウイルス感染症の影響による石垣牛の需要低迷を受け、JA石垣牛を返礼品とすることで出荷を促進し、出荷滞留を解消する狙いがある。JAおきなわがCFを活用するのは初めて。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県八重山保健所は6日、西表島(竹富町)でバーベキュー(BBQ)をして新型コロナウイルスに感染した島…
  2.  新型コロナウイルスの感染拡大による県の休業要請を受け、石垣市の繁華街・美崎町などの接待・接触を伴う…
  3.  ファッションデザイナーで、イベントプロデューサーの山本寛斎さんが、急性骨髄性白血病のため亡くなった…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  「尖閣諸島を守る会」代表世話人の仲間均石垣市議は23、24の両日、漁船「高洲丸」に乗り、尖閣諸島周…
ページ上部へ戻る