【視点】世界の潮流ではない民主主義

 東西冷戦が西側民主主義諸国の勝利に終わって以来、民主主義は世界の潮流だと思われてきたが、本当にそうだろうか。世界ではむしろ、自由や人権の抑圧に向けた動きが強まりつつあるように見える。
 中国の全国人民代表大会(全人代)第3回会議は5月28日、香港に国家安全法制を導入する方針を決定した。同法制導入方針によると、国家の分裂や政権転覆、組織的テロ活動と外国勢力の香港への干渉を処罰するとしており、中央政府の国家安全関連機関が必要に応じて香港に機構を設立することも盛り込んでいる。
 「香港民主派の女神」と呼ばれる香港民主派団体メンバーの大学生、周庭(アグネス・チョウ)さんはツイッターで「これは、香港の立法会で審議せず、中国政府が直接香港の法律を制定するということ。デモ活動や国際社会との交流などがこれから違法となる可能性が高い。一国二制度の完全崩壊です」と指摘した。
 トランプ大統領は「一国二制度」を前提に香港に与えてきた関税やビザ(査証)の特別優遇措置廃止の手続きを始めると表明。中国の影響力が強いとされる世界保健機構(WHО)からの脱退も表明するなど強硬姿勢を示した。
 だが、WHО脱退には同盟国の日本や欧州諸国も含め、現時点で追随する国はない。英国やカナダなどは中国への非難声明だけだし、日本政府は香港情勢について「深く憂慮している」(菅義偉官房長官)などと慎重なコメントにとどまっている。習近平国家主席の国賓訪日で、日中関係を安定化させるのに精いっぱいの状況だ。

固定ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町(西大舛髙旬町長)と八重山警察署(江田一也署長)は1日、9月に一部改正された「町建設工事等暴…
  2.  陸上自衛隊与那国駐屯地(古賀聡明司令)のグラウンド落成式が11月28日午後、同グラウンドで行われ、…
  3.  「今年の漢字」が選定される季節になったが「病」しか思い浮かばない。疫病に始まり、疫病に終わる1年に…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄電力(本永浩之社長)と沖縄セルラー(湯淺英雄社長)は、新サービス「auでんき」に関する業務提携…
ページ上部へ戻る