住民投票訴訟が結審 8月27日判決、原告「市に義務」 石垣陸自配備

裁判後、報告集会で意見を述べる原告=9日午前、城岳公園

 那覇地裁(平山馨裁判長)は9日午前、石垣市平得大俣への陸自配備を巡り、市民が市を相手に起こした住民投票義務付け訴訟の第4回口頭弁論を開いた。裁判は結審し、8月27日に判決が言い渡される。
 第4回口頭弁論では元琉球大学教授の川平成雄氏が意見陳述。陸自配備は「地域住民の生活に深く関わる問題だ」と述べ、市は自治基本条例に基づき、住民投票を実施すべきと訴えた。
 被告の市は自治基本条例の解釈上、条例制定がないと住民投票はできないと反論している。
 口頭弁論後に原告側が開いた集会で、沖縄大学客員教授の小林武氏(弁護士)は、特定の自治体で適用される法律を政府が制定する場合、住民投票が必要とする憲法95条を引用。「市長が住民投票の義務を果たしていない」と批判した。
 石垣市出身の安里長従氏(司法書士)は陸自配備計画について「対中戦略で南西諸島を海洋の盾とする計画。沖縄戦と同じように琉球諸島の犠牲を前提にした安全保障の考え方だ」と主張。原告の宮良麻奈美氏は「地方自治を守るための裁判だ。沖縄本島の人や全国の人にも知ってほしい」、伊良皆高虎氏は「やってきたことは正しかった。司法に分かってもらえると期待する」と訴えた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の陸上自衛隊配備を巡る住民投票訴訟控訴審で、福岡高裁那覇支部は20日、判決を3月23日に言い…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では20日…
  3.  大本小学校(金城一石校長)の全校児童8人は20日朝、「野鳥をひかないで」と書かれたメッセージボード…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  憲法記念日の3日、自主憲法制定沖縄県民会議(西田健次郎会長)は県立博物館・美術館で「新しい憲法をつ…
ページ上部へ戻る