滑走路から見送り 石垣―羽田線本格再開

滑走路で横断幕を持ち、手を振って見送る従業員=16日午後、新石垣空港

 全日空(ANA)の石垣―羽田線が16日、本格的に運航を再開し、従業員が新石垣空港の滑走路から出発便を見送った。
 従業員は同社八重山支店や機内清掃、車両整備の関連会社の約20人で「ANAは八重山とともに」と書かれた横断幕を持ってランプエリアに立ち、機内の乗客に手を振った。
 滑走路には搭乗ブリッジから見える位置にモップと液状の溶剤でシーサーのイラストを描いたり、大文字で「心を1つに」と記したりして見送りに花を添えた。
 乗客は73人で搭乗率は27・0%。運航を部分再開した12日、14日の到着便で来島した人が多いと見られる。
 同社は新型コロナウイルス感染拡大で4月22日から本土直行便を運休していた。石垣―羽田線は本土便の中で最初の運航再開路線で1日1往復ずつ毎日飛ばす。7月中に2往復にし、感染拡大前の通常ダイヤに戻す。大阪、名古屋、福岡の各線も順次復活させる。見送りは羽田線の出発便を対象に毎日行う。
 八重山支店の宮脇秀至支店長は「待ちに待った毎日運航の直行便。見送りで旅の最後にいい思い出をつくり、また来てもらいたい」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市(中山義隆市長)は、宜野湾市(松川正則市長)、名護市(渡具知武豊市長)と共同でAI(人工知能…
  2.  県農林水産部は19日から、新型コロナウイルスの影響で需要が低迷している県産農林水産物の消費拡大のた…
  3.  石垣市川平地区のわかば幼稚園と川平保育所を統合し、西部地区の子育て支援の拠点施設となる「川平認定こ…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  (一般)石垣市観光交流協会(大松宏昭会長)役員・理事らと市の施設管理課、観光文化課職員の計17人が…
ページ上部へ戻る