「結果を出すのが使命」 現職西大舛氏が出馬表明 竹富町長選

出馬表明をする西大舛氏=18日午後、竹富町議場

 任期満了に伴う8月11日告示、同月16日投票の竹富町長選で、現職の西大舛髙旬氏(72)が18日、開会中の町議会で「これまでの行政運営、政治の課題と解決の結果を見るには選挙に出て、『なるほど』と言える結果を出すのが使命。選挙に出馬し、審判を受けたい」と述べ、出馬を表明した。
 6月議会一般質問3日目の最後に登壇した那根操氏から、出馬への決意を問われ明らかにした。
 西大舛氏は、先月26日に町議員の有志8人からの出馬要請を受けて出馬へ向け動き出し、関係者や家族とも相談して、出馬を決意したとした。
 議会では「コロナを政策の筆頭に掲げながら、今後の喫緊の課題に取り組むことが求められている」と強調。
 「新庁舎建設問題は政治公約。大原庁舎は、石垣庁舎ができ次第、即建設に向けた取り組みをやりたい」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  来日した中国の王毅国務委員兼外相が尖閣諸島(石垣市)の中国領有権を主張するとともに、周辺海域からの…
  2.  石垣市は、新港地区に民間企業の進出を想定した「交流厚生用地」を造成し、港湾のにぎわい創出を図る方針…
  3.  来日した中国の王毅国務委員兼外相が、石垣市の尖閣諸島について中国の領有権を主張し、周辺海域で操業す…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  与那国町、町商工会、琉球銀行、NTTドコモの四者は19日、県庁で記者会見し、町のキャッシュレス化を…
ページ上部へ戻る