尖閣近海で抗議活動へ 国民党、字名変更可決なら 台湾

 石垣市が尖閣諸島(台湾名・釣魚台)の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更する議案が22日の市議会6月定例会本会議で採決されることを受けて、台湾の野党・国民党は17日、中央常任委員会を開き、議案が通過した場合、江啓臣主席(党首)が漁民を引き連れ、尖閣諸島近くの海域で台湾の領有権をアピールする抗議活動を行うことを決めた。台湾の中央通訊(つうしん)が伝えた。
 会議では尖閣諸島問題について、同党の立場は明確で、領有権は一歩たりとも譲ることはなく、字名変更議案が成立しないことを望むとする立場を確認した。
 この問題で、台湾の与野党は相互に批判の応酬を繰り返している。中国政府寄りの国民党は、蔡英文政権の対日姿勢は軟弱であると非難。独立志向が強い与党・民進党は、国民党が尖閣諸島周辺海域での中国公船の航行について何も発言していないことを指摘し「中国の行為を支持しているようなものだ」と反論している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  世界平和デーの21日、石垣小学校の少年野球とサッカーチームの児童らが、第二次大戦中に島の住民たちが…
  2.  敬老の日の21日、100歳を迎えた石垣市新川の山城カマドさん宅に川満誠一副市長が訪ね、長寿を祝った…
  3.  シルバーウイーク3日目の21日、竹富町の各島にも多くの観光客が訪れた。新型コロナウイルス感染症で地…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  中高年のひきこもり問題が注目を集めている。神奈川県川崎市の殺傷事件を起こした51歳の男が「ひきこも…
ページ上部へ戻る