尖閣近海で抗議活動へ 国民党、字名変更可決なら 台湾

 石垣市が尖閣諸島(台湾名・釣魚台)の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更する議案が22日の市議会6月定例会本会議で採決されることを受けて、台湾の野党・国民党は17日、中央常任委員会を開き、議案が通過した場合、江啓臣主席(党首)が漁民を引き連れ、尖閣諸島近くの海域で台湾の領有権をアピールする抗議活動を行うことを決めた。台湾の中央通訊(つうしん)が伝えた。
 会議では尖閣諸島問題について、同党の立場は明確で、領有権は一歩たりとも譲ることはなく、字名変更議案が成立しないことを望むとする立場を確認した。
 この問題で、台湾の与野党は相互に批判の応酬を繰り返している。中国政府寄りの国民党は、蔡英文政権の対日姿勢は軟弱であると非難。独立志向が強い与党・民進党は、国民党が尖閣諸島周辺海域での中国公船の航行について何も発言していないことを指摘し「中国の行為を支持しているようなものだ」と反論している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  2020年度夏の交通安全県民運動として 石垣市交通安全推進協議会、八重山地区交通安全協会、八重山警…
  2.  八重山保護区保護司会の大工盛賢氏(73)=大浜=が春の叙勲で瑞宝双光章を受章したことを受け、法務省…
  3.  石垣市大川でTシャツ店を営む米盛佳織さんが熊本豪雨の被災者におむつなどの日用品を送るボランティア活…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  千葉市に住む50代の日本人男性と約25年間同居している40代の台湾人男性に対する国外退去処分を法務…
ページ上部へ戻る