県内待機児童1365人 来年度末までにゼロ目指す

会見する玉城知事=18日午後、県庁

 玉城デニー知事は18日午後、県庁で会見し、今年4月1日現在の県内待機児童数(速報値)が県内全体で前年比337人減の1365人になったと発表した。県は子育て支援の基本方針「黄金っこ応援プラン」の第2期を今年度から開始し、待機児童の解消を目指す。玉城知事は来年度末までに石垣市を含めた5市町村で待機児童ゼロを目指す考えを示し「市町村と連携し、取り組みを進める」と強調した。
 発表された速報値では、県内市町村の中で待機児童がいる市町村は石垣市(35人)を含む23市町村で、このうち100人以上いる市町は6自治体だった。年齢別では、1歳児が最も多く698人(51・1%)で、2歳児が336人(24・6%)と続いた。0歳児から2歳児までで合計1150人で全体の84・2%を占める。
 保育所などの認可定員数は県全体で63915人(前年比3540人増)、申込児童数は62211人となり、定員数が申込数を逆転した。県全体では、全ての待機児童が保育所等に入所できるが、知事会見後、子ども生活福祉部の名渡山晶子部長は「トータルで受け皿は足りているが、地域内でミスマッチがある」と指摘。保育士が不足する施設を抱える自治体もあり、県の基金を活用し支援するとした。
 県は第2期「黄金っこ応援プラン」で保育所整備や新規保育士の確保、潜在保育士の復職などを支援する。また、保育士の処遇改善や労働環境整備に取り組み、離職防止も図る。今年度は国庫補助事業の市町村負担分への支援や、自治体の保育所入所事務の効率化を行うAI(人工知能)などの運営支援なども実施。関連予算として22億円を計上した。
 石垣市の待機児童数は昨年度が55人、今年度が35人だった。竹富・与那国両町は待機児童数ゼロが近年続いている。
 石垣市の認可定員数は昨年度が2192人で、今年度が115人増の2307人だった。申し込み児童数は昨年度が2335人、今年度が16人増の2351人だった。待機児童率は昨年度が2・36、今年度が1・49だった。
 竹富・与那国両町の認可定員数は昨年度・今年度共に230人と71人。申込児童数は昨年度が127人と39人で、今年度は128人、42人だった。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県八重山保健所は6日、西表島(竹富町)でバーベキュー(BBQ)をして新型コロナウイルスに感染した島…
  2.  新型コロナウイルスの感染拡大による県の休業要請を受け、石垣市の繁華街・美崎町などの接待・接触を伴う…
  3.  ファッションデザイナーで、イベントプロデューサーの山本寛斎さんが、急性骨髄性白血病のため亡くなった…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  7月に予定される参院選沖縄選挙区(改選数1)に出馬を予定する高良鉄美琉大名誉教授(65)は4日、社…
ページ上部へ戻る