きょう昼が最長の夏至 本格的な夏の始まり

朝の日差しとともに、セミ時雨を降らせるリュウキュウクマゼミ=20日午前、石垣市新栄公園

 21日は二十四節気の一つ夏至。一年で昼が最も長く、夜が最も短い日とされる。この日を過ぎると、本格的な夏の始まりで、南シナ海から南南西の季節風(夏至南風、カーチーバイ)が吹き、晴れた蒸し暑い日が続く。
 八重山地方は20日も太平洋高気圧に覆われ、暑い一日となった。
 最高気温は同日午後1時までに竹富町波照間で33・1度、石垣市盛山(南ぬ島石垣空港)で32・6度を観測するなど、8つの全ての観測地点で31度を超えた。
 一方、夏を告げるリュウキュウクマゼミが各地で鳴いている。今年の初鳴きは平年より7日遅く14日に観測された。
 「シャン シャン」と朝の日差しとともに降らせる〝セミ時雨〟はこれから一層にぎやかさを増す。    
     (南風原英和)

関連記事

ピックアップ記事

  1. いかなる文脈にあるかで、言葉の相貌は変わる。愛情を感じる人の「バカ」と憎悪を覚える人の「バカ」とでは…
  2. 石垣市名蔵に住む上地正人さん(63)とルミ子さん(同)夫妻は毎週土曜日の朝、名蔵の自宅前で地域の農家…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域を航行してい…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  県が昨年夏に行った辺野古埋立て承認の撤回を、石井啓一国土交通大臣が5日取り消した裁決に対して、県は…
ページ上部へ戻る