CFのJA石垣牛、出荷へ 1789万円余支援集まる

CFで注文のあったJA石垣牛が冷蔵車に積み込まれ、関係者らで見送った=1日、担たん亭

 JAおきなわ(普天間朝重代表理事)が5月29日から実施していたJA石垣牛への支援を募る購買型のクラウドファンディング(CF)プロジェクトが終了し、6月21日までに延べ1141件、支援総額1789万4338円の支援が集まった。支援者に向けた発送準備が整い1日、石垣市の担たん亭で御礼品発送式を行った。
 JA石垣牛肥育部会の多宇司副会長は「畜産農家として生きている牛を飼う以上、出荷を止めるわけにはいかない。日本全国から注文をいただき本当に助かった。美味しい石垣牛を食べてもらいたい」と感謝した。
 JAおきなわ八重山地区本部の石垣信次本部長は「新型コロナウィルスに伴い全国的に経済が低迷する中、目標を大幅に越した達成となり、石垣島を愛する気持ち、JA石垣牛の存続と産地への支援に心から感謝します。厚い絆ができうれしく思います」と喜んだ。
 支援者は44都道府県と全国から幅広く支援が集まり、関東地区の502件が最も多く、沖縄本島地区184件、近畿地区166件、中部地区107件と続いた。
 内訳としては「ゆうな」(1万2千円)が615件(54%)、「月桃」(1万7千円)が279件(24%)、「でいご」(2万2千円)が247件(22%)だった。
 中には購入金額よりも多く支援金を出す例もあり、規定金額を上回る支援は計33万7338円、175件あった。
 申し込みのあったJA石垣牛は7月上旬までに発送される予定。
 今回の結果を受け、畜産振興センターは「JA石垣牛はもとより、組合の扱う農畜産物の販売促進につなげていく」と話した。
 発送は担たん亭のほか、金城冷凍食品、㈲サンニ産業、砂川冷凍総合食品、八重山パーツミートから発送される。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本最西端の与那国町は、地理的に近い台湾への高速船就航を目指した社会実験を来年実施する予定で、準備…
  2.  恩納村教育委員会の教科研究指定校である村立安富祖小学校(荻堂哲校長)は2日、他校の教員らを招き公開…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(岡本知力羅所長)はこのほど、自衛隊の災害対処のノウハウを提供し、…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  (一般)石垣市観光交流協会(大松宏昭会長)役員・理事らと市の施設管理課、観光文化課職員の計17人が…
ページ上部へ戻る