【金波銀波】熊本豪雨を受け、川辺川ダムの建設中止による治水対策の是非が…

 熊本豪雨を受け、川辺川ダムの建設中止による治水対策の是非が問われている。蒲島知事が7割進んでいた建設を白紙撤回していたからだ◆「ダムによらない治水を12年間でできなかった」と悔やみ、「決断は県民の意向」と述べた。反ダムの民意を貫く発言を翌日には修正し、「新しいダムのあり方も考える」とした◆ここで玉城知事が浮かぶ。「民意」を掲げて基地移設に反対しているが、最大の利点となる国防策にすら代替案を示せていない。「法的拘束力のない」民意にばかり気をとられ、大所高所から判断できないのならば、全てを投票で決めるのと変わらない◆川辺川の件は結果論ではある。しかし、氾濫の危険性、ダムの経済的・時間的有効性は当初から言われていた。現在に生きる我々は、結果に学び、今に生かすしかできない。取り返しの付かない有事に襲われた時、玉城知事はどんなコメントを残すのだろう◆「県民の意向だった」と責任転嫁するために、まさか反対の立場を表明しているのではあるまい。「基地によらない治安ができなかった」と悔やんでも後の祭り。新しい基地のあり方を追求できればまだ救いもあるが、自治権を他国に奪われている可能性さえあるのである。いずれにせよ、玉城知事を選んだ県民が最後の責任を負うことになる。 (S)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市商工会青年部(吉田大介部長)、同青少年育成委員会(大浜俊委員長)が18日、国立天文台VERA…
  2.  歴史「に」学ぶ。「を」ではない。歴史というものは、単なる知識の対象でなく、生き方を学ぶ(まねる)場…
  3.  八重山地域新型コロナウイルス対策本部は19日、医療法人上善会かりゆし病院の入院患者男女6人と職員1…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  中高年のひきこもり問題が注目を集めている。神奈川県川崎市の殺傷事件を起こした51歳の男が「ひきこも…
ページ上部へ戻る