【金波銀波】6月は石垣市の経済にとって「下げ止まり」の月になった。新型…

 6月は石垣市の経済にとって「下げ止まり」の月になった。新型コロナウイルス感染拡大で落ち込む一方だった入域観光客数が増加に転じ、地元産黒毛和牛の価格も下落傾向に歯止めを掛けた。近く発表される新規求人数も回復の兆しを見せる◆6月1日に市が観光客の受け入れを再開した効果だ。観光が中核産業の市にとって観光客が増えたら経済が回る。和牛の消費も伸び、企業も人を雇う経済的余裕が生まれる◆下げ止まりを見せたと言っても前年に比べたら目を覆うばかりだ。観光客数は前年同月の5分の1にすぎない。他の経済指標もお先真っ暗の数字が並ぶ。全国的にも8月に明らかになる4~6月のGDPの成長率は戦後最低のどん底に落ちる◆秋以降、これまで経験したことのない世界的な大不況に陥るだろう。観光産業支援の切り札「GoToトラベル」も「焼け石に水」と悲観的にならざるを得ない。V字回復とはならず、「ルート記号」の反対向き程度にとどまると見られる。終わりの見えにくい正念場が続く。(i)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 来年1月末まで予定されている政府の観光支援策「GO TОトラベル」の延長を求める声が八重山の観光事業…
  2. 自衛隊沖縄地方協力本部の石垣出張所(岡本知力羅所長)と宮古島出張所(永利誠実所長)が11月14~15…
  3. 12月1日の世界エイズデーにちなみ、八重山農林高等学校(山城聡校長)は2日、「性と生を考える」をテー…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事が昨年9月の知事選で掲げた公約ではあるが、払拭できない幾つかの疑問点がある。有識者ら…
ページ上部へ戻る