八重高、32年ぶり決勝進出 きょうKBC未来と対戦 県高校野球夏季大会

最後の打者を3ゴロに打ち取り歓喜に沸く八重山=1日、タピックスタジアム名護

 夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・県野球連盟)の準決勝が1日、タピックスタジアム名護で開かれ、八重山が春ベスト4の日本ウェルネスと対戦し、延長タイブレークの末、8―7で勝利した。夏の県大会で八重高が決勝に進出するのは1988年以来、32年ぶり2回目。八重山勢としては2006年に優勝した八重山商工以来、14年ぶり3回目。
 八重高は7回裏までに1―6と最大で5点差のリードを広げられたが、8回以降八重山打線が爆発。得意の「打ち勝つ野球」で打線がつながり、10回表に大逆転劇を見せた。最終回は最速139㌔のストレートを持つエース砂川羅杏が10回裏をきっちりと締め、32年ぶりに決勝戦へコマを進めた。
 八重山は2日午後1時から、同球場でKBC未来と決勝戦を行う。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「この問題は圧倒的に『東京問題』と言っても過言ではない」―、菅義偉官房長官は7月、新型コロナウイル…
  2.  任期満了に伴う竹富町長選が11日に告示される。再選を目指して立候補表明した現職西大舛髙旬氏(72)…
  3.  西表島(竹富町)のバーベキュー(BBQ)会場で起きた新型コロナウイルス集団感染で、県八重山保健所は…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は25日、官邸に菅義偉官房長官を訪れ、現在2両編成の沖縄都市モノレール(ゆいレール)…
ページ上部へ戻る