八重高、32年ぶり決勝進出 きょうKBC未来と対戦 県高校野球夏季大会

最後の打者を3ゴロに打ち取り歓喜に沸く八重山=1日、タピックスタジアム名護

 夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・県野球連盟)の準決勝が1日、タピックスタジアム名護で開かれ、八重山が春ベスト4の日本ウェルネスと対戦し、延長タイブレークの末、8―7で勝利した。夏の県大会で八重高が決勝に進出するのは1988年以来、32年ぶり2回目。八重山勢としては2006年に優勝した八重山商工以来、14年ぶり3回目。
 八重高は7回裏までに1―6と最大で5点差のリードを広げられたが、8回以降八重山打線が爆発。得意の「打ち勝つ野球」で打線がつながり、10回表に大逆転劇を見せた。最終回は最速139㌔のストレートを持つエース砂川羅杏が10回裏をきっちりと締め、32年ぶりに決勝戦へコマを進めた。
 八重山は2日午後1時から、同球場でKBC未来と決勝戦を行う。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  23日に那覇市の県総合福祉センターで開催された、ひとり親家庭の安定した生活の実現を目指す「第51回…
  2.  ㈱八重山ゲンキ乳業(新賢次代表取締役)から9月に発売された新商品「ゲンキさんぴん茶ミルクティー」の…
  3.  竹富町西表島エコツーリズム推進協議会がこのほど、町離島振興総合センターで開かれ、自然観光資源の選定…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は6日、日韓関係の悪化を受け、経済や文化交流面での損失に懸念を示した上で「手に手を取…
ページ上部へ戻る