「市中感染の可能性も」 BBQ参加者と複数接触者 西表島

濃厚接触者らから採取した検体を持って石垣行きの定期船に乗り込む医師ら=5日午後、西表島・上原港

 西表島(竹富町)で10人でバーベキュー(BBQ)をし、2人が新型コロナウイルスに感染し、残る8人が濃厚接触者と判定されたグループの一部の参加者がバーベキューの翌日以降、島内での別の酒席などに出ていたことが分かった。その場で接触した島民が複数いて、島民は「市中感染に発展する可能性を否定できない」と不安がっている。

 県八重山保健所によると、10人は10~50代の男性7人、女性3人で地域別では西表島が8人、石垣市、竹富島(竹富町)が1人ずつ。7月27日に西表島の宿泊施設でバーベキューをし、うち石垣市の飲食店従業員の20代女性が1日、西表島の会社員の19歳男性が4日に感染が確認された。
 残る8人は濃厚接触者と見なされ、療養施設、自宅待機を促された。この中で竹富町の男性は4日に石垣市でPCR検査を受け、6日にも結果が出る予定。西表島の7人は県立八重山病院の医師らが5日に来島し、現地で検体を採取した。結果は7日にも判明する。いずれも自覚症状はないという。
 地元関係者の話では、濃厚接触者の一部の人がバーベキュー開催日の翌日から4日までの間に島内で豊年祭の打ち上げや飲食店での酒席、学校のPTAの会合などに出たという。
 その際に接触した島民は複数人に上る。体の不調を訴える人がいるとの情報もあり、「濃厚接触者から感染してもおかしくない」(関係者)という。
 町議で西表島でマリンサービス業を営む山下義雄さん(42)は「島内の医療体制は診療所1軒で医師も1人。市中感染になったら医療崩壊し、危機的状況に陥る。町は独自の緊急事態宣言を出し、移動制限、営業自粛を求めるべきだ」と話している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 来年1月末まで予定されている政府の観光支援策「GO TОトラベル」の延長を求める声が八重山の観光事業…
  2. 自衛隊沖縄地方協力本部の石垣出張所(岡本知力羅所長)と宮古島出張所(永利誠実所長)が11月14~15…
  3. 12月1日の世界エイズデーにちなみ、八重山農林高等学校(山城聡校長)は2日、「性と生を考える」をテー…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  インドネシア原産のコショウで、八重山で特に消費が盛んなピィパーズ(和名・ヒハツモドキ)の普及活動に…
ページ上部へ戻る