【金波銀波】「保守的な記述」とは何か。公民教科書採択に…

 「保守的な記述」とは何か。公民教科書採択に関し、教育委員の発言や新聞紙上で知った言葉だ◆保守とは「旧来の風習・伝統・考え方などを重んじて守っていこうとすること」、対義語となる革新とは「旧来の制度・組織・方法・習慣などを改めて新しくすること」(『大辞泉』)とある。憲法改正に肯定的なら「保守」と言うようだが、制度改革なら革新ではないか◆「保守的な記述」があれば「革新的な記述」も存在するはずが、言われない。「保守的な記述」が批判・反対などの否定的文脈で使われることから察するに、「保守的」を厭う人々の印象操作であろう。逆の批判もあるのに「革新的~」は用いず、「保守的~」は否定的に用いる。意図的と言わざるを得ない◆そも、いわゆる「保守派/革新派」との範疇がすでに曖昧となり「現実主義者/夢想家」など、新しい対応も生まれている。今更になって「保守的な記述」との表現を好む人々こそ保守的に見える◆教科書は研究成果や今後の課題を記す。受け継ぎつつ発展させる、その意味で、保守・革新ともに必要な概念である。ところが物事の両義性には触れず、一面的で意図的な印象を弄ぶ―。そういうカラクリを自覚させる教育こそ、求められる。(S)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  少年時代の戦争体験を自筆の絵などで紹介した著書「絵が語る八重山の戦争」を出版した石垣市の潮平正道さ…
  2.  県は21日、石垣市で、かりゆし病院の入院患者1人、職員2人、関連施設の介護老人保健施設「聖紫花の杜…
  3.  県は21日、新型コロナウイルスに感染して県立八重山病院に入院した陽性者が21人になり、県の病床確保…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦で20万人超となった戦没者を追悼する「慰霊の日」を迎えた。県は…
ページ上部へ戻る