宿泊施設、年度末まで確保 自衛隊派遣要請も検討 玉城知事

会見した玉城知事。新型コロナの感染第2波終息に向け、県民に協力を求めた=17日午後、県庁

 玉城デニー知事は17日午後、県庁で会見し、新型コロナウイルスの軽症者が療養する宿泊施設を来年3月まで借り上げる方向で調整していると明らかにした。

 県は4月までの「第1波」に対応するためいったん宿泊施設を借り上げたが、新規感染者ゼロが約2カ月続いたため6月に解約。一時は全国で唯一、確保した宿泊施設の部屋数がゼロとなり、その後の感染再拡大で対応に苦慮した経緯がある。
 国に看護師派遣を要請していることに関しては「状況が整うまで緊急的な対応として、自衛隊にお願いする方向で検討している」と述べ、自衛隊の医官、看護官の派遣要請も検討する考えを示した。
 1週間当たりの新規感染者は14日時点ではピークの626人だったが、17日には478人に減少した。「良い方向に向かっている。もうひと踏ん張りの努力をお願いする」と求めた。
 1人の患者が別の人に感染させた数を示す実効再生産数(Rt)も減少しており、最近では終息に向かう目安となる1・0を切っているという。ただ、感染が終息に向かっているかどうかは「判断指標に基づき、その方向性が見られるまでは断言できない」と慎重姿勢を見せた。緊急事態宣言を前倒しで解除する可能性も否定した。
 軽症者や無症状者のPCR検査は専用コールセンターから保健所を通じて民間の医療機関を紹介している。検査件数は7月末の1日当たり平均約300件から、8月の直近1周間は1日当たり500件に拡充したという。
 「第2波」への対応の評価を問われ「現場や保健所、県庁、事業者や県民には取り組みを続けてもらっている。成果が表れ始めている」と強調した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本最西端の与那国町は、地理的に近い台湾への高速船就航を目指した社会実験を来年実施する予定で、準備…
  2.  恩納村教育委員会の教科研究指定校である村立安富祖小学校(荻堂哲校長)は2日、他校の教員らを招き公開…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(岡本知力羅所長)はこのほど、自衛隊の災害対処のノウハウを提供し、…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  宜野湾高校で行われていたアーチェリー競技の第74回国民体育大会予選(主催・沖縄県アーチェリー協会)…
ページ上部へ戻る