【金波銀波】竹富町の発行する「島々応援クーポン券」…

 竹富町の発行する「島々応援クーポン券」の性質が変容した。発売当初は新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた地元観光業者を支援する目的だった。主な販売対象は石垣市民で町内の各島に来てクーポンでお金を落としてもらう絵図を描いた◆ところが、西表島でコロナの集団感染が起き、出はなをくじかれた。市民の間に来島を見合わせるムードが広まり、クーポンの売れ行きが鈍った◆市民の購買意欲がしぼむのに取って代わるように竹富町民の需要が高まる。自ら買って地元の飲食店で使うケースが出始めた。経営不振になった地元業者が給料の一部としてクーポンを従業員に渡す涙ぐましい使用例もあったと聞く◆観光業者のてこ入れを図ろうと始めたのが次第に町民の生活支援の色合いを帯びるようになった。「外貨稼ぎ」が「内需刺激」に変わった◆そこで1つ問題が浮かび上がる。クーポンを買える所は石垣市にある町観光協会1カ所。もともと販売対象を市民に絞っていたから販売窓口は市内に置いた。町民からは町内各島での販売を求める声が寄せられている。もはや最大の購買者となった町民の要望に町はどう応えるだろう。(I)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の中山義隆市長は4日、市役所で記者会見し、来年1月4日に予定していた成人式を3月21日に延期…
  2.  中国が香港民主派への弾圧を強めており、欧米から批判の声が強まっている。国民の政治活動を力ずくで封じ…
  3.  県の長嶺豊農林水産部長は4日の県議会定例会で、尖閣諸島(石垣市)の領有権を主張した王毅外相の発言に…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  儒教の祖・孔子をまつる「孔子廟(びょう)」のため、那覇市が松山公園内の土地を無償で提供していること…
ページ上部へ戻る