「津波大石」明和に移動? 古文書を新解釈〟2千年前〟否定

津波大石がある大浜地区周辺(グーグルアースを加工)

 1771年の「明和の大津波」に関する古文書で「津波によって引き流された」と記述されている石が、石垣市大浜地区にある国指定天然記念物「津波大石」であるとの新説を、琉球大工学部の仲座栄三教授(62)が20日までに発表した。津波大石は従来、明和の大津波とは別の2千年前の大津波で流されたとの見方が定説になっており、仲座教授の新説は、それを覆すものになる。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町の西表島観光ガイド免許制度で、第1号の免許証が西表島大富のガイド業「うみあっちゃー」代表中川…
  2.  石垣市の星野自治公民館(平良雅樹館長)は20日、入植70周年記念事業の一環としてことし3月に建立し…
  3.  2020年度とぅばらーま大会作詞の部の審査発表が20日、石垣市民会館中ホールであり、最優秀賞に黒島…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に…
ページ上部へ戻る