やいまぴとぅ大会延期 メッセージ映像で代替 「元気届けたい」 八重山市町村圏組合

やいまぴとぅ大会開催延期を発表する中山市長=3日午後、市役所庁議室

 八重山広域市町村圏事務組合(理事長・中山義隆市長)は3日、新型コロナの影響から、11月に予定されていた「2020全国のやいまぴとぅ大会」の開催延期を発表した。代替案として、応援リレーメッセージ・プロモーション映像を年度内に制作し、県内外に「元気を届けたい」としている。

 同大会は全国各地の八重山出身者が3年に1度集い、さまざまな催しがなされる。
 11月の石垣島まつりとの共同開催を予定していたが、コロナの終息が見えず、秋冬にかけての感染拡大が予想されていることから、延期を決定した。
 同組合は延期について、コロナの終息やワクチン等の開発・普及など、万全の医療体制が構築されるまでとしている。
 代替案として、八重山関係者へ向けた応援リレーメッセージ・プロモーション映像の製作を挙げ、県内外に発信していくとしている。
 映像は、「新型コロナに負けるな!やいまぴとぅ!」を合言葉に、石垣市編・竹富町編・与那国町編の3部構成で、八重山在住者のメッセージを基に編集する。
 八重山関係のミュージシャンなどからの応援メッセージや、コロナの影響で中止・延期となった各地の伝統行事の映像も多用し、視聴者に行事の追体験感や里帰り感を演出していく。
 映像は3市町のホームページなどでアップし、県内外の各郷友会や関係機関にDVD版でも配布する。
 また、八重山に関する広報媒体へ、QRコード化した映像を提供し、全国へ発信していく予定。
 理事長の中山市長は3日午後、市役所町議室で会見を開き、「コロナが終息した折には、全国各地から集まっていただいて、いい大会ができるように準備したい」と期待した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町の西表島観光ガイド免許制度で、第1号の免許証が西表島大富のガイド業「うみあっちゃー」代表中川…
  2.  石垣市の星野自治公民館(平良雅樹館長)は20日、入植70周年記念事業の一環としてことし3月に建立し…
  3.  2020年度とぅばらーま大会作詞の部の審査発表が20日、石垣市民会館中ホールであり、最優秀賞に黒島…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  翁長雄志前知事が那覇市長時代に残した平成の負の遺産と言っていいだろう。那覇市が儒教の祖・孔子をまつ…
ページ上部へ戻る