大東島、記録的暴風の恐れ 台風10号接近で対策会議

対策本部会議で、冒頭のあいさつを述べる玉城知事(中央)=4日午後、県庁

 非常に強い台風10号は4日、大東諸島に接近した。今後、特別警報級の猛烈な勢力に発達し、沖縄諸島や奄美に迫りそうだ。気象庁は6日の沖縄や奄美で最大瞬間風速85㍍(時速306㌔)、さらに7日は九州南部で同日午後6時までの24時間に最大800㍉の雨量が予想されると発表。重大災害の恐れがあり、最大級の警戒が必要だ。
 県は4日午後、台風10号に関する災害対策本部会議を開催し、対応を協議した。台風10号は6日未明から明け方にかけて大東島地域にかなり接近する見通し。同地域は観測史上最大の暴風となる恐れがあり、県は「特別警報」の発表を想定している。
 4日午前9時の段階で、台風10号の中心気圧は925ヘクトパスカル、最大風速は50㍍毎秒、最大瞬間風速は70㍍毎秒。6日午前9時の段階で沖縄本島東側の太平洋上に位置し、中心気圧は915ヘクトパスカル、最大風速は55㍍毎秒、最大瞬間風速は80㍍毎秒。猛烈な勢力まで発達し、沖縄地方に接近すると予想される。
 沖縄本島には6日頃から猛烈な風が吹く見込みで、暴風には厳重な警戒が必要。
 波浪に関しては、沖縄本島、大東島では猛烈にしける見込みで、うねりを伴った高波に厳重な警戒を要する。また、両地域は警報級の大雨と高潮になる恐れもある。
 玉城デニー知事は会議冒頭のあいさつで「暴風への警戒が重要だ。事前準備をお願いする」と強調。断水や停電への備えも求めた。また、コロナ禍であるため県民には避難する際、感染防止策の徹底を求めた。鹿児島県の塩田康一知事は同県十島村の高齢者や妊婦ら約200人を島外に避難させるため自衛隊に災害派遣を要請した。
 八重山地方では、5日夜以降、強風が吹く可能性があり、波高も2㍍から4㍍になる見通し。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…
  2. 境界地域の地方公共団体や境界地域研究に関わる研究・教育機関などを構成メンバーとする「境界地域研究ネッ…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  「Tell us night(テルアスナイト)―気になる4人の思いと本音が聞ける夜―」(主催・㈱エ…
ページ上部へ戻る