「革新市政で強行採決」 自治基本条例で市長

 石垣市の中山義隆市長は17日の市議会一般質問で、2009年に自治基本条例が制定された経緯に関し「議論を打ち切って強行採決したのは革新市政と与党で、多数決で決められた条例だ。市民全体がこぞって手を挙げ、協力して作り上げられたものではない」と強調した。野党の新垣重雄氏が「革新・中道市政では横暴はなかった」との認識を示したことに反論した。
 中山市長は「(同条例の)5年に1回の見直しを、条例を改悪するような話に結び付けるのは市民に誤解を与える」と野党の主張を疑問視した。
 新垣氏は「少し筋が違うかと思う。条例を潰していこうという考えより、育てていこうという考えが正当だ」と訴えた。
 野党の内原英聡氏は、中山市長が「石垣市は地方自治法で運営されている。自治基本条例で運営しているのではない」と発言した真意をただした。中山市長は「自治基本条例を否定しているわけではない」と説明した。
 内原氏は、同条例審議会の公募委員を市長が委嘱することについて、人選過程が不透明だとして「公平性を担保できるのか」と批判。小切間元樹企画部長は「審議会の設置条例では市長が委嘱すると定められている。(人選は)議会で制定された条例に沿って適切に実施している」と理解を求めた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. いかなる文脈にあるかで、言葉の相貌は変わる。愛情を感じる人の「バカ」と憎悪を覚える人の「バカ」とでは…
  2. 石垣市名蔵に住む上地正人さん(63)とルミ子さん(同)夫妻は毎週土曜日の朝、名蔵の自宅前で地域の農家…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域を航行してい…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に…
ページ上部へ戻る