「性と生」に理解深める 八重農でオンライン講演 エイズデー

亀谷医師の講演を聞く八重農3年1組の生徒ら=2日、同校教室

12月1日の世界エイズデーにちなみ、八重山農林高等学校(山城聡校長)は2日、「性と生を考える」をテーマに、県立八重山病院感染症内科・総合内科医師の亀谷航平医師を講師としたオンライン講演会を開き、全校生徒が視聴した。
SNSの普及などにより誤った性の情報が氾濫(はんらん)する中、八重山地区では10代の妊娠・出産が全国と比べて高い傾向にある。
生徒に正しい知識を学んでもらおうと、八重山地区の各高校では毎年講師を招いて講演会を開催しているが、今年は新型コロナウイルスの影響でオンライン講演会になった。
講演で亀谷医師は「性感染症と望まない妊娠」について取り上げ、正しい知識を持つことは自分と周りを守ることにつながることを強調。「予防をしない人は、性行為をする資格が全くない」と生徒たちに何度も訴えた。
性感染症の一つでもあるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)を例に、感染率が高い性的マイノリティ(LGBTQなどの性的少数者)の人々に対するスティグマ(社会的偏見)について解説。セクシュアリティ(性自認)は、他の誰でもなくその人自身が決めることだと話し、生徒らは理解を深めた。
平良鈴音さん(3年)は、「避妊をすることの大切さと意味を改めて理解することができた。一人ひとりが気をつけないといけない」。豊川太雅さん(同)は、「性的マイノリティへの差別が起こるのは僕らが無知であることが原因。正しい性知識を持つように努力する」と講演を振り返った。
性について考える講演は同校のほか、八重山高校、八重山商工、八重山特別支援学校で毎年行われている。
同校保健主事の甲斐田美根子教諭は、「性は誰もが向き合うものだから、専門家からの指導が必ず必要。生徒がこれから社会に出ていく上で、正しい方向へ導く判断材料になってくれる」と話した。
4高の保育従事や養護教諭、教育相談関係者らは、毎年年度始めに講演内容や講師選定を相談。ことしは、夏に同高1年生を対象に行われた亀谷医師の「思春期教室」の授業がきっかけで依頼を決定したという。

関連記事

ピックアップ記事

  1. いかなる文脈にあるかで、言葉の相貌は変わる。愛情を感じる人の「バカ」と憎悪を覚える人の「バカ」とでは…
  2. 石垣市名蔵に住む上地正人さん(63)とルミ子さん(同)夫妻は毎週土曜日の朝、名蔵の自宅前で地域の農家…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域を航行してい…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  衆院沖縄3区補選(21日投開票)の選挙区内の街頭で「女に政治は無理」「女は台所に帰れ」と記されたポ…
ページ上部へ戻る