「尖閣諸島に標柱設置を」 字名変更受け市議会で動議

尖閣諸島・魚釣島に1969年、石垣市が設置した行政区域を示す標柱(2012年、仲間均氏撮影)

 尖閣諸島(石垣市)の字名が「登野城尖閣」に変更されたことを受け、新たな字名を明示した標柱を現地に設置するよう求める決議案が8日、石垣市議会(平良秀之議長)に動議で提出された。14日の最終本会議で採決される見通し。中山義隆市長は標柱設置について「上陸が可能か、法的な根拠を精査し、実施可能であれば行政手続きとして実施したい」と述べた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市が尖閣諸島の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更する前、中国駐福岡総領事館から市に再三の抗…
  2. 玉城デニー知事は19日、県庁で記者会見し、新型コロナウイルスの感染が年明けから再び拡大し、医療崩壊の…
  3.  「118番の日」にちなみ石垣海上保安部(増田克樹部長)は18日午後、FMいしがきサンサンラジオに出…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  東海大の山田吉彦教授は17日、那覇市内のホテルで開かれた沖縄「正論」友の会で講演した。日中の公船が…
ページ上部へ戻る