ニッパヤシの実に興味津々 古見小、児童ら触れ合う

ニッパヤシの実と触れ合う児童たち(古見小学校提供)

竹富町立古見小学校(赤嶺智郎校長)でこのほど、生徒が日本では西表島の内離島と船浦湾の2カ所のみで自生が確認されている珍しいヤシ科のニッパヤシの実と触れ合った。
特定非営利活動法人マングローバル代表理事の岡田精一郎氏が県立博物館、鹿児島県立博物館からの依頼でニッパヤシの実を運ぶ途中、古見小へ立ち寄った。
同校が推進する海洋教育で、子供たちがオヒルギやメヒルギなどを実から育てているのを知り「児童にニッパヤシの実も見せてあげたい」と考え実現したという。
子どもたち全員がニッパヤシの実を見るのは初めてで、大きな実を見たり、持たせてもらったりして喜んだ。
4年生の髙松凛武(りんむ)さんは「すごく大きな実なので、今度は実際のヤシの木も見たい」、2年生の我如古峡(かい)さんは「岡田さんから、外国ではニッパヤシの実を食べることがあると聞いた。僕も食べてみたい」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では21日、…
  2. 沖縄ツーリズム産業団体協議会の下地芳郎会長らは21日、県庁を訪れ、新型コロナウイルスの感染拡大で落ち…
  3.  石垣市の陸上自衛隊配備を巡る住民投票訴訟控訴審で、福岡高裁那覇支部は20日、判決を3月23日に言い…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  内閣府は11日、2019年度の沖縄子どもの貧困緊急対策事業として12億8960万円を交付すると発表…
ページ上部へ戻る