入院、感染症病床上回る 医療崩壊の危機訴え 八重山病院

医療体制の逼迫を訴えている県立八重山病院(資料写真)

県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は8日、新型コロナウイルスに感染したり、感染が疑われる患者の入院が14人となり、感染症対応病床の13床を上回ったことを明らかにした。篠﨑院長は「これ以上患者が増えると医療体制が逼迫(ひっぱく)し、一般医療を制限しないといけなくなる」と述べ、医療崩壊の危険性が迫っているとの認識を示した。
その上で八重山住民に対し「(感染予防のため)行動自粛を切に願っている」と呼び掛けた。
県によると8日現在、八重山病院には新型コロナが確定した患者12人、未確定の患者2人が入院している。八重山病院の軽症患者は徳洲会病院に移送しており、徳洲会病院の入院患者は5人。
八重山病院の入院患者のうち、集中治療室に入っている重症患者が1人、中等症患者は3人。軽症であっても、重症化リスクが高い高齢者や基礎疾患がある人は入院している。
今後、新型コロナ患者に対応する病床をさらに増やした場合、医師や看護師も再配置する必要があり、場合によっては新型コロナ以外の手術を延期・中止せざるを得なくなる可能性もある。
宿泊療養施設のアパホテルには13人が入所、自宅療養は1人となっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市が尖閣諸島の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更する前、中国駐福岡総領事館から市に再三の抗…
  2. 玉城デニー知事は19日、県庁で記者会見し、新型コロナウイルスの感染が年明けから再び拡大し、医療崩壊の…
  3.  「118番の日」にちなみ石垣海上保安部(増田克樹部長)は18日午後、FMいしがきサンサンラジオに出…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄防衛局(田中利則局長)は3日、普天間飛行場代替施設建設事業の環境監視等委員会を那覇市内のホテル…
ページ上部へ戻る