コロナ対応で新たな任務 活動の場広げる自衛隊 陸自第15旅団 佐藤真旅団長

取材に応じた第15旅団長の佐藤真陸将補=昨年12月、那覇駐屯地

沖縄を含む南西諸島を防衛する陸上自衛隊第15旅団の佐藤真旅団長は昨年12月、八重山日報の取材に応じた。昨年、15旅団は新型コロナウイルス感染疑いの島民を先島から沖縄本島にへリで搬送するなど、感染症対応の新たな任務も帯びた。佐藤旅団長は「引き続き県民の安全安心を守り、沖縄県の防衛警備、不発弾処理、緊急患者空輸を含む災害派遣など、期待に応えられるよう日々精進する」と強調した。

県内で新型コロナウイルスの感染が拡大した4月、県は感染症予防に対する自衛隊の高い技術に着目し、15旅団に県職員への教育と感染患者の輸送任務を要請した。8月には医療施設への陸自看護師の派遣も求めた。
15旅団は上級部隊の西部方面隊と連携。方面隊の5人を含む計15人の自衛官を県内の民間病院に派遣した。幹部と看護師で構成され、3班(1班5人)に分かれて各病院で8月18日から同31日までの2週間勤務した。また、鹿児島県から要請を受け、与論島と徳之島から患者を搬送した。
佐藤氏は「現場で活動した県職員や医療関係者などを支援した。コロナはまだ続いている。予断を許さない状況なので、今後も引き続き関係自治体と連携して対応したい」と述べた。
今後も県内では、先島を含む離島の患者や感染疑いのある島民をヘリで搬送する可能性がある。佐藤氏は「医療体制も考えると(陸自が)対応する可能性が出てくるかもしれない」と指摘した。
2021年はコロナ禍だけでなく、引き続き厳しい安全保障環境に直面する。「南西防衛の第一線部隊として、日々、訓練を積み重ねたい。沖縄には海自・空自だけでなく、海兵隊などの在沖米軍もいる。密に連携し、あらゆる事態に対応できるよう南西域の抑止力の要として、役割を果たしたい」と意気込みを示した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市が尖閣諸島の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更する前、中国駐福岡総領事館から市に再三の抗…
  2. 玉城デニー知事は19日、県庁で記者会見し、新型コロナウイルスの感染が年明けから再び拡大し、医療崩壊の…
  3.  「118番の日」にちなみ石垣海上保安部(増田克樹部長)は18日午後、FMいしがきサンサンラジオに出…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に…
ページ上部へ戻る