粗糖1200㌧を千葉へ 石垣島製糖で初荷式

トラックから大峰山丸へ積み込まれる粗糖=13日、港ターミナル西側Fバース

石垣島製糖株式会社(松林豊代表取締役社長)は13日午前、石垣港内で粗糖初荷式を開き、昨年12月14日から製糖を開始した粗糖(分蜜糖)を初出荷した。この日は朝から計15回に渡り製糖工場から1248㌧(売上約1・18億円)を港へ運び「大峰山丸」へ積み込んだ。運搬トラックとコンベアへ清めの塩と酒をまき、無事故・無災害を祈願した。
港での初荷式で松林社長は「今期の製糖は雨の影響で刈り取りが遅れ、1日あたりの原料搬入量は450㌧弱と計画の半分にも満たない大変厳しい結果となった。12月よりは好転してきているので4月までには操業を終えたい」と抱負を述べた。
海運を務める琉球海運株式会社の比嘉茂常務取締役は「厳しいコロナ禍の中、初荷式までに尽力された関係者の努力の結晶である分蜜糖を安全迅速確実に運び届けたい」と話した。
粗糖は千葉県の新東日本精糖株式会社へ送られ、今期は3月下旬までに7船を配船する予定。サトウキビの原産料生産は7万6321㌧、粗糖は8727㌧の見込み。
新型コロナウィルスの影響で従来の初荷式より縮小して行われ、運転手代表あいさつ、JAおきなわ八重山地区本部長あいさつ、船上デッキからの見学、飲食を伴う祝宴などは割愛された。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では26日…
  2.  (有)石垣コミュニティーエフエム(東太田政三代表取締役)と石垣市が川平地区にある市有地の賃貸借契約…
  3.  石垣市崎枝の赤崎水田(崎枝小学校近く)で26日午前、ことし1期作となる田植えが始まった。他の農家に…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  尖閣諸島問題を研究している元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は28…
ページ上部へ戻る