海自航空隊 ジブチへ派遣 第5航空群から10回目

出発する哨戒機「P―3C」と見送る家族ら。夏休み期間中のためか、平日の朝にも関わらず多くの子どもらが参加。日の丸を振って、送り出した=26日、那覇基地

 【那覇】海上自衛隊第5航空群(司令・市田章海将補)は26日、ソマリア沖・アデン湾で実施している海賊対処行動に、保有する哨戒機「P―3C」2機と隊員約60人を派遣した。

 派遣部隊の任務は、周辺海域の監視と航行船舶及び参加する国際部隊司令部や関係団体への情報提供。海上自衛隊は2009年7月施行の海賊対処法に基づき航空隊を派遣している。

 現在は「P―3C」を保有する青森県の八戸と沖縄県の那覇から現地に機材と人員を派遣している。派遣は今回で32回目。沖縄の第5航空群の派遣回数は、通算で10回目となる。派遣隊員の中には育ち盛りの息子や娘がいる隊員も多く、出発式には多くの子どもが見送りに来ていた。

▼過去記事の 全文は「新聞オンライン.com」で
沖縄本島版 http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamahontoban.html

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の中山義隆市長は4日、市役所で記者会見し、来年1月4日に予定していた成人式を3月21日に延期…
  2.  中国が香港民主派への弾圧を強めており、欧米から批判の声が強まっている。国民の政治活動を力ずくで封じ…
  3.  県の長嶺豊農林水産部長は4日の県議会定例会で、尖閣諸島(石垣市)の領有権を主張した王毅外相の発言に…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  戦中戦後の激動期、常に渦中の人だった昭和天皇の苦悩がうかがえる貴重な内容だ。初代宮内庁長官を務めた…
ページ上部へ戻る