[解説]〝国との対立〟も継承 普天間返還、振興が課題

 米軍普天間飛行場の辺野古移設をめぐり、国と厳しく対立してきた翁長雄志知事の後継者である玉城デニー氏が当選した。玉城氏の新県政は、翁長県政から国との対立路線も継承する。県と国の溝が一層広がるのは必至。辺野古移設阻止を貫徹しながら、普天間飛行場の返還や、沖縄振興策の実現に向けた国との交渉をどのように進めていくのか、難しいかじ取りを迫られる。
 玉城氏の勝因は、支持基盤である革新層をまとめ、さらに無党派層へと共感を広げたことだ。翁長知事が語った「イデオロギーよりアイデンティティ」をそのまま自らのスローガンに掲げ、翁長氏の遺族とともに街頭演説し、翁長氏と自らをオーバーラップさせた。翁長氏の「弔い合戦」ムードを最大限に盛り上げる戦略が功を奏した。
 加えて玉城氏の巧みな語り口、温かい人柄などのキャラクターも、タレント活動を通じ、沖縄本島の有権者にはなじみ深いものになっていた。宜野湾市を地盤とする佐喜真氏には、選挙戦序盤から早々に知名度で差を付けた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山警察署の島尻重美署長は19日午後、高齢者の保護に貢献したとして、石垣市の金城勝枝さんに感謝状…
  2. 石垣市平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画で、市が駐屯地建設予定地となっている市有地の売却に向けた検…
  3.  米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡り、玉城デニー知事は18日開会した県議会6月定例会に、国を提訴する…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  辺野古米軍基地建設のための埋め立てを問う県民投票をめぐり、謝花喜一郎副知事は27日、反対する市長か…
ページ上部へ戻る