辺野古反対「政府に突き付ける」 玉城氏一問一答

報道陣の質問に答える玉城氏=30日夜、那覇市内

 ―勝因はどこにあったか?
 「翁長雄志知事の新しい基地を造らせないという思いが私を後押ししてくれた。承認撤回はしっかり支持するし、辺野古に新しい基地を造らせないという誓いはぶれずにこれからも守っていきたい」
 ―施策の財源は。
 「行財政改革と予算の適正化を進めながら、優先課題にしっかりと目を向けていく。好調な観光関連から、さらなる政策をつなげていく」
 ―国との関係は。
 「翁長知事もそうだったと思うが、私たちが対立や分断を持ち込んでいるわけではない。しっかりと国と協議し、沖縄の優位性を高めていく。それが国内の経済を伸ばし、支えれば、国も歓迎するだろう」
 「しかし県民が認められないもの、辺野古の新基地建設には県民の思いをしっかりと政府に突き付けていきたい」

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山の星空ガイドとして活動する人材を育成する石垣島・美(ちゅ)ら星マイスター育成講座(主催・石垣…
  2.  楽器の老朽化に悩む各学校の吹奏楽部や鼓笛隊などを支援しようと、石垣市は、ふるさと納税を楽器購入に充…
  3.  県女性就業・労働相談センター主催の「女性が働き続けられる職場づくり実践講座」が18日午後、大濱信泉…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄電力(本永浩之社長)と沖縄セルラー(湯淺英雄社長)は、新サービス「auでんき」に関する業務提携…
ページ上部へ戻る