役場機能二転か三転か キーワードに「仮庁舎」 竹富町新庁舎建設

旧ボウリング場の竹富町役場は築41年と老朽化が進んでいる(資料写真)

 1日の竹富町議会議案審議では、仮庁舎候補地検討の調査委託料をめぐり質疑が相次いた。同町は西表大原に本庁舎を建設する方針を掲げているため、仮庁舎を設置すると本庁舎機能の移転は3回。今回の調査を踏まえ支所候補地として用地確保すると、移転は2回の見通し。最終的に本庁舎の機能は何回移転するのか。「仮庁舎」が今後のキーワードになりそうだ。
 この日の質疑で、大久研一氏は庁舎建設費の内容を確認。政策推進課の通事太一郎課長は、支所候補地に関して石垣市との交渉を断念した旨を報告し、同委託料で用地や家屋の調査を行う方向性を説明。「建物が使えるのか家屋調査をして次の段階にいきたい」と述べた。候補地の対象は離島ターミナルから500メートル以内の範囲。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。
ログイン

会員登録は無料です。
会員登録

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の陸上自衛隊配備予定地を見下ろせる山で、森林が無断伐採され、住民から「反対派が駐屯地建設工事…
  2.  就任後2度目の八重山諸島視察を行った宮腰光寛沖縄担当相は19日、与那国町の大雨被害状況を視察し▽サ…
  3.  与那国島の大雨被害視察などのため、八重山を訪れた宮腰沖縄担当相。石垣市の八重山博物館では、尖閣諸島…

日付から記事を検索

2019年5月« 4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  貨物の集約や保管、梱包などをワンストップで実現し、県内最大級の物流センターである那覇港総合物流セン…
ページ上部へ戻る