役場機能二転か三転か キーワードに「仮庁舎」 竹富町新庁舎建設

旧ボウリング場の竹富町役場は築41年と老朽化が進んでいる(資料写真)

 1日の竹富町議会議案審議では、仮庁舎候補地検討の調査委託料をめぐり質疑が相次いた。同町は西表大原に本庁舎を建設する方針を掲げているため、仮庁舎を設置すると本庁舎機能の移転は3回。今回の調査を踏まえ支所候補地として用地確保すると、移転は2回の見通し。最終的に本庁舎の機能は何回移転するのか。「仮庁舎」が今後のキーワードになりそうだ。
 この日の質疑で、大久研一氏は庁舎建設費の内容を確認。政策推進課の通事太一郎課長は、支所候補地に関して石垣市との交渉を断念した旨を報告し、同委託料で用地や家屋の調査を行う方向性を説明。「建物が使えるのか家屋調査をして次の段階にいきたい」と述べた。候補地の対象は離島ターミナルから500メートル以内の範囲。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 来年1月末まで予定されている政府の観光支援策「GO TОトラベル」の延長を求める声が八重山の観光事業…
  2. 自衛隊沖縄地方協力本部の石垣出張所(岡本知力羅所長)と宮古島出張所(永利誠実所長)が11月14~15…
  3. 12月1日の世界エイズデーにちなみ、八重山農林高等学校(山城聡校長)は2日、「性と生を考える」をテー…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  宜野湾高校で行われていたアーチェリー競技の第74回国民体育大会予選(主催・沖縄県アーチェリー協会)…
ページ上部へ戻る