「イメージより現実の問題を」 大浜氏一問一答

大浜一郎氏との一問一答は次の通り。
 ―当選から一夜明けた実感は。
 「正直実感はなかった。けさ新聞を見て、本当に勝たせていただいたんだと思い、感謝の気持ちがわいた」
 ―大差での勝利だが。
 「逆風の中での戦いだったが、支えて頂いた。私が訴えた離島振興の政策に対する期待が大きかったと思う」
 ―県議として最初に取り組みたいことは。
 「沖縄振興計画があと3年で切れる。新しい10年間の計画をどうつくるかが大事だ。離島は政治の下支えが必要で、国と対立しては沖縄振興計画をつくれない。連携、対話しなくてはならない。玉城デニー県政にしっかり対応してもらわないと、県民が困る」
 ―「玉城知事」に対するスタンスは。
 「公約の一つ一つをこれから精査する。補助金に頼らない自立型経済と言っているが、それは将来ビジョンであり、今手をつけなくてはならないことは山ほどある。優先順位は何が一番高いのか、しっかり議論したい」
 ―離島振興策は。
 「空港滑走路を延長しなくてはならない。旅客ターミナルももう一つ造る必要がある。港湾整備も進める。国営土地改良事業は、国の予算でやっている本管整備は順調だが、県予算の支線整備が前に進んでいない。新八重山病院も中身を充実させる予算や、医師派遣の問題がある。石垣島の製糖工場建て替えは非常に大きな補助金が必要だ」
 「水産関係では浮き漁礁を取り換え、気象観測ができるレーダー設置に対応したい。沖縄本島ではなく、八重山で養殖できる態勢をつくる」
 「航空運賃の低減はとても大事な約束だ。どういった仕組みがベストなのか、対応できる施策をつくりたい」

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスの感染が全国で拡大していることを受け、石垣市の中山義隆市長は3月31日、市役所で…
  2.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県経済団体会議(石嶺伝一郎議長)は3月31日朝、玉城デニー知事…
  3.  大都市圏を中心に新型コロナウイルスの感染が拡大する中、石垣市の中山義隆市長が感染の可能性がある観光…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  21日投開票の参院選で「保守地盤」とされる石垣市、宮古島市では自民公認の安里繁信氏の得票がトップだ…
ページ上部へ戻る