離島の暮らし支援策を 玉城氏一問一答

 離島報道各社の取材に対し、玉城デニー氏の一問一答は次の通り。
 ―大差での勝利になった。
 「翁長雄志知事の遺志を私が引き継ぐことへの県民の支えと、私が掲げた『新時代沖縄』などへの期待を込めての得票をいただいた。感激している」
 ―普天間飛行場の辺野古移設をどのように阻止するか。
 「辺野古の基地建設については、移設に反対であるという多くの民意が今回の選挙で表された。私の選挙の大きな争点は、辺野古移設の賛否だった。私は明確に反対を訴え、県民の審判を問うたが、相手候補は賛否には触れず、県民に審判をあおぐ機会を作らなかった。県民が私に信頼を寄せたのは、辺野古移設に反対であるという民意に即する」
 ―子育て支援包括センターの全市町村設置と航空運賃の低減、離島出身生徒の寄宿舎整備などの公約実現に、どう取り組むか。
 「母親が妊娠し、母子手帳が交付され、母子保健がスタートする。包括支援センターを拠点整備し、生まれてから18歳までの切れ目のない支援をすることで家庭負担の中の費用が軽減される」
 「離島の子どもたちが安心安全に生活ができ、勉強ができる環境を作るためには寄宿舎の整備を求められる方は多い」
 「離島と本島との行き来は、主に空路だ。負担軽減が図れるようにサポートする」
 ―離島の観光や農業などの振興策は。
 「生鮮食品を作る人、加工する人、売る人、運ぶ人など分業化し、ネットワークを成り立たせ繋げ、観光と農林水産畜産業、加工、販売を一体化させ、観光・経済の裾野を広げる。従事する県民の裾野を広げたい。離島で生活ができる。離島での暮らしを安定させるために、離島の魅力に目をつけ、伸ばすことが必要だ。シーフードの分野は、まだポテンシャルがある。離島で生活する人たちの生活に還元できる仕組みを作りたい」

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。
ログイン

会員登録は無料です。
会員登録

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県と糸満市、トルコ視覚障がい者スポーツ協会は22日、県庁で2020年開催の東京オリンピック・パラリ…
  2.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
  3.  国民民主党の玉木雄一郎代表や大塚耕平代表代行ら同党関係者らは22日、県庁に玉城デニー知事を訪ね、面…

日付から記事を検索

2019年1月« 12月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は6日、菅義偉官房長官と会談し、米軍普天間飛行場の辺野古移問題で謝花喜一郎副知事と杉…
ページ上部へ戻る