採用上限年齢を引き上げ 10月から自衛官候補生など

 自衛隊は10月1日から自衛官の採用上限の年齢を引き上げた。対象は任期制自衛官を養成する「自衛官候補生」と、部隊の基幹隊員を養成する「一般曹候補生」の2種目。両種目とも上限を27歳未満から、33歳未満まで引き上げられた。

 自衛隊は労働人口の減少に伴い、幅広い年齢層から人材を確保するため、採用できる人材の年齢幅を広げた。

 「自衛官候補生」は10月1日から「一般曹候補生」は来年3月1日から受け付けを開始。採用予定時期は「自衛官候補生」が11月末から、「一般曹候補生」は来年9月末を予定している。

 沖縄では、自衛官候補生(男女)の受付を2回行なう。願書受け付けは11月2日までと、同22日までの2回。採用試験は9日と10日、30日と12月1日に行われ、試験科目は国語、数学、社会、作文、適正検査。お問い合わせは沖縄地方協力本部那覇分駐所℡098―863―5280まで。

 また、地方協力本部は21日に、那覇・うるまの2市で就職説明会を開く。中学生から保護者、社会人などの参加を募り、年齢や学歴にあった採用コースを紹介する。那覇市は那覇ⅠT創造館、うるま市は健康福祉センター「うるみん」で開催。午後1時から午後4時まで。問い合わせは沖縄地方協力本部募集課℡098―866―5457まで。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島にある県、市管理の5つのダムは、梅雨入り後もまとまった雨で越流(オーバーフロー)している。 …
  2.  県議会(新里米吉議長)は6月定例会初日の18日、浦添市の中学校テニスコートに米軍普天間飛行場(宜野…
  3.  東海大の山田吉彦教授は17日、那覇市内のホテルで開かれた沖縄「正論」友の会で講演した。日中の公船が…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄県は17日夕、クロマグロ漁で県内割当量の95%(約107・8㌧)に達したため、採捕停止命令を告…
ページ上部へ戻る