名蔵―茨城―また名蔵へ 拾われたヤドカリ、命のリレー

名蔵湾に戻されたヤドカリ

 石垣島を訪れた観光客が持ち帰った貝殻は、実はヤドカリだった―。遠く茨城県まで運ばれたヤドカリが、人々の「命のリレー」で故郷の名蔵湾に戻された。
 茨城県守谷市在住で小学校教諭山口尚子さん(56)は、8月に観光で石垣島の名蔵湾を訪れた「石垣島の自然を少しでも児童に伝えたい」と円錐状の貝3個を拾い、茨城の自宅に持ち帰った。
 ところが、貝殻は音をたてて動き出し、生きたヤドカリであることが判明。山口さんは「早く石垣島に帰さなければ」と夫とともに羽田空港に向かい、石垣島行きの旅行者に託そうとしたが見つからなかった。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。
ログイン

会員登録は無料です。
会員登録

関連記事

ピックアップ記事

  1.  特攻隊員、戦没者1036人の遺品を展示・収蔵している知覧特攻平和会館(朝隈克博館長)=鹿児島県南九…
  2.  8月25日に竹富町西表島で開催される「第9回ぱいぬ島まつり」の実行委員会(委員長・西大舛髙旬町長。…
  3.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設を巡る県民投票から24日で3カ月となる。辺野古移設工事は着…

日付から記事を検索

2019年5月« 4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は6日、菅義偉官房長官と会談し、米軍普天間飛行場の辺野古移問題で謝花喜一郎副知事と杉…
ページ上部へ戻る