けが10人、2万5千戸停電 台風25号、521人避難

 県が5日まとめた台風25号の被害状況によると、けが人は計10人で、このうち自宅で強風にあおられ転倒し、骨折した疑いがある70代女性など4人が重傷を負った。避難所は最大で38市町村115箇所で開設され、避難者数は最大403世帯521人だった。土砂崩れは、南風原町と那覇市でそれぞれ1件ずつ発生。最大停電戸数は2万5千320戸で、同日午後3時現在で3千360戸が復旧していない。空路の欠航便は4日、5日両日で計511便、影響人数は調査中。クルーズ船も5便欠航し、乗客1万455人に影響が出た。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。
ログイン

会員登録は無料です。
会員登録

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市出身の女性デュオ「やなわらばー」が16日までに、公式サイトで2020年末をもって解散すると発…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する「県民大会」が16日、那覇市で開かれた。主…
  3.  革新市政時代の「レガシー」(遺産)の行方はどうなるのか。石垣市議会で、自治基本条例を検証する特別委…

日付から記事を検索

2019年3月« 2月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  宜野湾市議会は20日、同市中心部にある米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設をめぐり、辺野古米軍基地建…
ページ上部へ戻る