【金波銀波】モノにあふれた生活を、ふと…

 モノにあふれた生活を、ふと見直すことがある。相次ぐ台風の接近。貨物船の入港が滞り、八重山の島々の一部店舗では、食品などの商品棚が空っぽになった。ほしい商品はいつ届くのか。募る苛立ちの中で、私たちの「豊かな生活」が、実は島外からの物資輸送に支えられていたことに気づく。それは離島県である沖縄、さらには島国である日本の縮図でもある◆中国が一方的に支配を進める南シナ海の問題も、日本にとって他人事ではない。重要なシーレーンを遮断されれば、今まで享受してきた豊かさがもろくも崩れてしまう。そして尖閣諸島は、まさに日本自身の問題だ。中国が支配権を奪取すれば、東シナ海の制海権にも影響が出かねない。とりわけ八重山周辺海域は「中国の海」と化すだろう◆知事選では普天間飛行場の辺野古移設問題が「最大の争点」とされる一方、同じ沖縄の出来事でありながら、尖閣諸島問題は顧みられなかった。前回知事選でも同じような状況であり「辺野古は票になるが、尖閣は票にならない」のが沖縄の冷厳な現実のようである◆玉城デニー知事は「翁長雄志前知事の遺志を継ぐ。辺野古阻止に全身全霊を傾ける」と言明した。八重山住民としては、尖閣問題に対する前県政の無関心は引き継いでほしくない。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は11日、7~11日にかけて沖縄に駐留する米軍関係者計61人の新型コロナウイルス感染を確認したと…
  2.  東京都で新型コロナウイルス新規感染者が3日連続で200人を超し、石垣市で5人目の感染者が確認される…
  3.  石垣市の県道富野大川線で街路樹として植栽されたフィカスハワイという樹木の枝が道路をまたいで、緑のア…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
ページ上部へ戻る