【金波銀波】モノにあふれた生活を、ふと…

 モノにあふれた生活を、ふと見直すことがある。相次ぐ台風の接近。貨物船の入港が滞り、八重山の島々の一部店舗では、食品などの商品棚が空っぽになった。ほしい商品はいつ届くのか。募る苛立ちの中で、私たちの「豊かな生活」が、実は島外からの物資輸送に支えられていたことに気づく。それは離島県である沖縄、さらには島国である日本の縮図でもある◆中国が一方的に支配を進める南シナ海の問題も、日本にとって他人事ではない。重要なシーレーンを遮断されれば、今まで享受してきた豊かさがもろくも崩れてしまう。そして尖閣諸島は、まさに日本自身の問題だ。中国が支配権を奪取すれば、東シナ海の制海権にも影響が出かねない。とりわけ八重山周辺海域は「中国の海」と化すだろう◆知事選では普天間飛行場の辺野古移設問題が「最大の争点」とされる一方、同じ沖縄の出来事でありながら、尖閣諸島問題は顧みられなかった。前回知事選でも同じような状況であり「辺野古は票になるが、尖閣は票にならない」のが沖縄の冷厳な現実のようである◆玉城デニー知事は「翁長雄志前知事の遺志を継ぐ。辺野古阻止に全身全霊を傾ける」と言明した。八重山住民としては、尖閣問題に対する前県政の無関心は引き継いでほしくない。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山農林高校(山城聡校長)は10月12日から、指定の範囲内で自由に制服を選択・着用できる「制服選…
  2.  石垣市の業務委託を受け、サンゴ学習推進団体「わくわくサンゴ石垣島」(大堀則子代表)が主催するサンゴ…
  3.  社会福祉法人希望が丘ケアハウスばすきなよお(宮良榮子理事長)=白保=に入所する川田カメさん=石垣市…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  八重山を訪れた観光客にスムーズな移動手段を提供しようと、石垣市、竹富町など官民7者が11月から20…
ページ上部へ戻る