尖閣周辺に中国船4隻 2日連続

7日、尖閣諸島周辺の接続水域を航行する海警1307(第11管区海上保安本部提供)

 第11管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城)周辺の領海外側にある接続水域に7日、中国海警局の船4隻が入った。尖閣周辺で中国公船が航行するのは9月24日以来。4隻は8日も尖閣周辺を航行した。

 確認されたのは、機関砲のようなものを搭載した「海警31240」と、尖閣周辺で初確認となる「海警1307」のほか「海警2305」「海警2401」。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  玉城デニー知事は20日、新たに80代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと公表した。男性は同県豊…
  2.  沖縄の陸海空の自衛隊と自衛隊沖縄地方協力本部、県自衛隊家族会、沖縄県隊友会は19日午前、航空自衛隊…
  3.  米軍普天間飛行場の辺野古移設問題で、県が辺野古沿岸の軟弱地盤改良に向けた防衛省の設計変更申請を認め…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  24日投開票された「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票は埋め立て反対が多数を…
ページ上部へ戻る