尖閣周辺に中国船4隻 2日連続

7日、尖閣諸島周辺の接続水域を航行する海警1307(第11管区海上保安本部提供)

 第11管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城)周辺の領海外側にある接続水域に7日、中国海警局の船4隻が入った。尖閣周辺で中国公船が航行するのは9月24日以来。4隻は8日も尖閣周辺を航行した。

 確認されたのは、機関砲のようなものを搭載した「海警31240」と、尖閣周辺で初確認となる「海警1307」のほか「海警2305」「海警2401」。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県八重山保健所は27日、石垣市在住の70代女性と30代男性が新型コロナウイルスの陽性反応を示したと…
  2.  石垣市は、新型コロナウイルスの影響を受けた小規模事業者などが沖縄振興開発金融公庫が行う「小規模事業…
  3.  石垣市は県獣医師会の協力の下、27日から約2週間、犬の狂犬病予防集合注射を開始した。狂犬病予防法で…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
ページ上部へ戻る