交通事故が多発 八重山署が安全運転呼び掛け

 八重山警察署(与那嶺一文署長)の調べによると、9月30日現在同署管内での人身事故は69件で前年同期比7件増。物件事故は1441件で前年同期比90件増で、交通事故が多発している。同署は「自分の身は自分で守る」という意識に加え、時間と心にゆとりを持ち安全運転に務めてほしいと交通安全を呼び掛けている。

 人身事故の特徴として、交差点での事故が約60%、高齢者が第一当事者になる人身事故は全事故の約25%。発生場所は約40%が商業施設や宿泊施設等の駐車場内で発生している。また時間帯は午後4時から午後8時の薄暮時間帯に多く発生している。レンタカーによる事故が約40%だった。

 事故原因は主に、交差点での一時不停止や安全不確認、幹線道路での過度超過や無理な追い越しなどのほか、駐車場内での周囲の安全不確認もあり、未然に防げる事故が多数ある。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 東京五輪の自転車競技(ロードレース)に内定した石垣市出身の新城幸也=バーレーン・マクラーレン所属=は…
  2. 一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム(仲村覚理事長)は21日、沖縄や台湾の安全保障をテーマにした講…
  3.  石垣市(中山義隆市長)は、宜野湾市(松川正則市長)、名護市(渡具知武豊市長)と共同でAI(人工知能…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  17日に石垣市健康福祉センターで開かれた講演会「辺野古軟弱地盤と平得大俣~土木技術士から見た自衛隊…
ページ上部へ戻る