陸自配備で「騒音懸念」 石垣教育長、一般質問で見解

 石垣市議会一般質問で石垣安志教育長が石垣島への陸自配備がされた場合、教育現場の影響として「現時点では配備されていないが、配備があった際には、騒音が環境的に懸念されるのでないかと懸念される」と答弁した。花谷史郎氏への答弁。

 石垣島への陸自配備計画を取り上げた花谷氏は、中山義隆市長が7月18日に陸自配備の協力体制を構築することを臨時庁議で確認したことに触れ、参加していなかった石垣教育長に「陸自配備が子どもたちの教育環境に全く影響がないと思うか」と質問。石垣教育長が答弁した。

 花谷氏は「(教育長は)教育に支障があると感じている。庁議では意見を言えない雰囲気があったのではないか」と展開した。

 議場からは教育長への質問通告がなかったことでヤジが起こり、花谷氏は「事前に打ち合わせた」、「細かいやりとりはしていなかった」などと述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本最西端の与那国町は、地理的に近い台湾への高速船就航を目指した社会実験を来年実施する予定で、準備…
  2.  恩納村教育委員会の教科研究指定校である村立安富祖小学校(荻堂哲校長)は2日、他校の教員らを招き公開…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(岡本知力羅所長)はこのほど、自衛隊の災害対処のノウハウを提供し、…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  奄美、沖縄の自然を世界自然遺産登録を目指し、企業などで構成する「世界自然遺産推進共同企業体」の発足…
ページ上部へ戻る