「アポなし抗議」検証 野党 住民投票も要求 石垣市議会

陸自配備計画に関する質問で総務部長らと相談する中山市長=10日、市議会議場

 市議会一般質問では、石垣島への陸上自衛隊配備について長浜信夫、新垣重雄、花谷史郎の3氏が取り上げ、住民投票の要求など市当局に意見をぶつけた。市が配備反対抗議を受け付けない方針を示したことで反対派が行った「アポなし抗議」の検証もあった。
 ■「民主的な住民投票を」
 住民投票について言及したのは、この日のトップバッターを努めた長浜氏。「中山市長は初めから、配備を推進する立場の声が多かった。それを出来レースと言っている」と憤り、「一旦できると永久に基地がある。3月の市長選挙で民意が出たと言うが、配備予定地平得大俣配備への反対が多数。正々堂々と住民投票を」と求めた。
 中山義隆市長は「国防をいち自治体での住民投票で決めるのは危険でそぐわない。住民からの所定の手続きが認められた場合は、受け止めて対応したい」と見解を述べた。長浜氏は「(配備は)国や市長が決めるものでない。民主的な住民投票をしたほうがいい」と実施を求めた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山警察署の島尻重美署長は19日午後、高齢者の保護に貢献したとして、石垣市の金城勝枝さんに感謝状…
  2. 石垣市平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画で、市が駐屯地建設予定地となっている市有地の売却に向けた検…
  3.  米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡り、玉城デニー知事は18日開会した県議会6月定例会に、国を提訴する…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  翁長雄志前知事が那覇市長時代に残した平成の負の遺産と言っていいだろう。那覇市が儒教の祖・孔子をまつ…
ページ上部へ戻る