「アポなし抗議」検証 野党 住民投票も要求 石垣市議会

 市議会一般質問では、石垣島への陸上自衛隊配備について長浜信夫、新垣重雄、花谷史郎の3氏が取り上げ、住民投票の要求など市当局に意見をぶつけた。市が配備反対抗議を受け付けない方針を示したことで反対派が行った「アポなし抗議」の検証もあった。
 ■「民主的な住民投票を」
 住民投票について言及したのは、この日のトップバッターを努めた長浜氏。「中山市長は初めから、配備を推進する立場の声が多かった。それを出来レースと言っている」と憤り、「一旦できると永久に基地がある。3月の市長選挙で民意が出たと言うが、配備予定地平得大俣配備への反対が多数。正々堂々と住民投票を」と求めた。
 中山義隆市長は「国防をいち自治体での住民投票で決めるのは危険でそぐわない。住民からの所定の手続きが認められた場合は、受け止めて対応したい」と見解を述べた。長浜氏は「(配備は)国や市長が決めるものでない。民主的な住民投票をしたほうがいい」と実施を求めた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本酒、焼酎、泡盛などの「國酒」を製造する全国有志の蔵元が新型コロナウィルスの終息を祈念し、北海道…
  2.  日本政府が新型コロナウイルスの水際対策として実施している外国人の入国制限の緩和について、タイ、ベト…
  3.  連載3回目にして早くも再登場だ。小欄の常連になる予感がする。年末に「年間大賞」でもやったらぶっちぎ…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  当時の舟を推定して復元し、旧石器時代に大陸から日本列島に渡ってきた祖先の大航海の一部を再現する「3…
ページ上部へ戻る