「アポなし抗議」検証 野党 住民投票も要求 石垣市議会

 市議会一般質問では、石垣島への陸上自衛隊配備について長浜信夫、新垣重雄、花谷史郎の3氏が取り上げ、住民投票の要求など市当局に意見をぶつけた。市が配備反対抗議を受け付けない方針を示したことで反対派が行った「アポなし抗議」の検証もあった。
 ■「民主的な住民投票を」
 住民投票について言及したのは、この日のトップバッターを努めた長浜氏。「中山市長は初めから、配備を推進する立場の声が多かった。それを出来レースと言っている」と憤り、「一旦できると永久に基地がある。3月の市長選挙で民意が出たと言うが、配備予定地平得大俣配備への反対が多数。正々堂々と住民投票を」と求めた。
 中山義隆市長は「国防をいち自治体での住民投票で決めるのは危険でそぐわない。住民からの所定の手続きが認められた場合は、受け止めて対応したい」と見解を述べた。長浜氏は「(配備は)国や市長が決めるものでない。民主的な住民投票をしたほうがいい」と実施を求めた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県立八重山病院に隣接するヘリポートが石垣市の新庁舎建設工事などで使用困難になる問題で、新たなヘリポ…
  2.  「なんと、台湾から日本へのタピオカ輸出量が過去最高に!」「日本と同様に、マンガは台湾の人々の成長を…
  3.  第10回記念北部地区トゥバラーマ大会(主催・北部八重山郷友会)が15日夜、名護市民会館中ホールで開…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
ページ上部へ戻る