「アポなし抗議」検証 野党 住民投票も要求 石垣市議会

 市議会一般質問では、石垣島への陸上自衛隊配備について長浜信夫、新垣重雄、花谷史郎の3氏が取り上げ、住民投票の要求など市当局に意見をぶつけた。市が配備反対抗議を受け付けない方針を示したことで反対派が行った「アポなし抗議」の検証もあった。
 ■「民主的な住民投票を」
 住民投票について言及したのは、この日のトップバッターを努めた長浜氏。「中山市長は初めから、配備を推進する立場の声が多かった。それを出来レースと言っている」と憤り、「一旦できると永久に基地がある。3月の市長選挙で民意が出たと言うが、配備予定地平得大俣配備への反対が多数。正々堂々と住民投票を」と求めた。
 中山義隆市長は「国防をいち自治体での住民投票で決めるのは危険でそぐわない。住民からの所定の手続きが認められた場合は、受け止めて対応したい」と見解を述べた。長浜氏は「(配備は)国や市長が決めるものでない。民主的な住民投票をしたほうがいい」と実施を求めた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  10月31日に炎上した首里城の正殿前に建立され、焼け残った「大龍柱」が、与那国島産の岩石をもとに制…
  2.  第43回沖縄県高等学校総合文化祭郷土芸能部門・第30回沖縄県高等学校郷土芸能大会(主催・沖縄県高等…
  3.  石垣市の自治基本条例が岐路に立たされている。市民グループが同条例を根拠に、石垣島への陸上自衛隊配備…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
ページ上部へ戻る