イセエビの解禁1カ月延期 資源保護、8月から

イセエビ類・セミエビ類の新しい漁獲ルールをPRするパンフレット

 例年7月1日にイセエビが解禁されてきたが、今年は資源保護の観点から、解禁日が8月1日に延期されることが分かった。

 沖縄海区漁業調整委員会の指示で、4月から施行されており、イセエビだけでなくセミエビも対象。漁獲資源の持続可能な状況を生み出すことが目的。

 イセエビとセミエビの禁漁期間が4月1日から始まるのはこれまで通りで、それが7月31日まで続くこととなる。

 また体長20㌢以下のイセエビ、セミエビは捕獲禁止。セミエビに関しては、抱卵する個体の採捕が追加で禁止された。

 8月1日へ解禁日が変更されたため、食品の仕入れ業者や、飲食店のメニューにも影響するとみられる。

 問い合わせは同委員会事務局℡098・866・2300。

▼過去記事の全文は「新聞オンライン.com」で
八重山版 http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo

関連記事

ピックアップ記事

  1. JTA八重山支社長兼石垣空港所長 玉城力さん(54)  新型コロナウイルスの感染が広がり、航空…
  2.  沖縄子どもの未来県民会議(理事長・謝花喜一郎副知事)は30日午後、県庁で第2回理事会を開き、新年度…
  3.  沖縄本島でほぼ連日、新型コロナウイルスの感染確認が続いており、離島の八重山でも徐々に警戒感が高まっ…

日付から記事を検索

2020年3月« 2月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は4日、がんの放射線治療外来を初めて開設した。毎月第1火曜日の午後、…
ページ上部へ戻る