新庁舎 経費削減で増額回避 部活動指導員の導入検討 市議会一般質問

 石垣市議会(平良秀之議長)9月定例会の一般質問3日目が12日、同議場で開かれ、友寄永三、石川勇作、砂川利勝、東内原とも子の4氏が登壇した。入札不調が相次いだ新庁舎建設で、市当局は経費削減し大幅な増額を回避する方向性を示した。小中学校の部活動指導では、教職員の負担軽減のため部活動指導員導入を検討する。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国海警局の船が尖閣諸島周辺海域に侵入し、与那国町漁協所属の漁船を追尾した問題で、県東京事務所の上…
  2.  任期満了に伴う沖縄県議選が29日告示される。石垣市区(定数2)では、ともに2期目を目指す与党の無所…
  3.  石垣市観光交流協会は新型コロナウイルス感染防止策を観光業の業種別にまとめたガイドラインを策定した。…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  日台交流をすすめる会(廣瀬勝代表)は23日、浦添市てだこホールで日本と米国、台湾の安全保障関係者を…
ページ上部へ戻る