クロハラアジサシ飛来 旅鳥、石垣で羽休める

石垣島平田原の水田に飛来したクロハラアジサシ=12日

 秋に向かう沖縄。12日、石垣島平田原の水田でクロハラアジサシが飛来しているのが見られた。

 クロハラアジサシはチドリ目カモメ科の野鳥で、旅鳥として日本全国に飛来する。

 春や秋の渡りの時期には、八重山で見られることも多く、水田などの淡水域で休んでいるものや、海岸で飛び交うものなど、夏に飛来する夏鳥のアジサシ類(コアジサシ、エリグロアジサシなど)とは違うタイミングで島に現れることで、愛鳥家の間ではよく知られている。

 周囲にもう3羽おり、涼しげな風と共に夕闇が迫る中、ねぐらを探すでもなく、それぞれ水が張られた水田のわずかな盛土で羽を休めて、じっとしているのが見られた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第71回沖縄県民体育大会のアーチェリー競技が16、17日の2日間、浦添市の県立鏡ヶ丘特別支援学校ア…
  2.  障害のある学生の就職支援に役立てようと八重山青年会議所(JC、上地誠理事長)は20日、八重山特別支…
  3.  イオン琉球(佐方圭二社長)は21日、販売が解禁された今年度のボージョレ・ヌーヴォーの販促イベントを…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣海上保安部は7日、日本の排他的経済水域(EEZ)で停船命令に応じず逃走したとして、漁業主権法違…
ページ上部へ戻る